トップページ >本当に8時間睡眠が理想なの?集中力との関係はある?

本当に8時間睡眠が理想なの?集中力との関係はある?

睡眠時間は8時間位が望ましいと言われていることも多いのですが、その人によってベストな睡眠時間というのは異なっていされています。そもそも、どうして8時間が理想だと言われているのかという理由も明らかになっていません。それに最近された研究の中には、6時間30分から7時間位の睡眠時間の人が一番幸福度があり、なおかつ長生きであるというものだってあるのです。

 

ただ、やはり人によってベストな睡眠時間は違っています。基本的には睡眠不足になっている人というのは、それだけ脳は休んでいない状態になっていますので、疲れやすく集中力を持続させられなかったり、質が低下してしまいやすいとされているのですが、睡眠時間がとても短いのに仕事のスピードがとても早いという人もいますよね。

 

その人にとって、睡眠時間が短いほうが頭が働きやすいということもありますし、睡眠不足になっていても、目標に対して意欲的になれば集中力も持続させることが出来るのではないかと考えられています。それに、しっかり寝ていても、またに集中力が低下してしまうこともあります。ただ、睡眠をちゃんと取ってさえ煎れば、脳が働きかけて集中力を補っていくことも可能です。

 

ですが、睡眠不足になっている人の場合、脳も疲れていますから、集中力が低下した時に脳がカバーをすることは難しいとされています。自分にとっての理想の睡眠時間を確保をすることも大切ですが、睡眠の質が悪いと熟睡できずに脳は休まりません。ですので、理想の睡眠時間と睡眠の質はワンセットだと考えるようにしましょう。